ボートの飲酒や同乗無免許者の操船

ブログランキング
ランキング参加中
ポッチリと応援よろしくお願いします。
   

はじめに

訪問をありがとうございます。

最近、休みの度に海が荒れてつらい思いをしてます。
波風の無い晴れた日に釣りがしたいですね。

疑問

先日、ボートでの飲酒操縦について気になって調べました。
やはり、ボートといえども飲酒操縦は禁止されている様です。

調べているとネットに飲酒OKと次のような、脱法的なことが書いてありました。
飲酒するならその間は、飲まない無免許同乗者に操船させれば自分は飲酒してOKと
無免許者でも船長の指示の下で操縦するので操船OKとの内容でした。

記事内容の信憑性を確認
確かに港内や航路内は有資格者(免許保有者)以外が操船できない。
自己操縦するようにと記載していました。

「港内」や「航路内」に該当しない場所では、有資格者(免許保有者)の指示の下で操船が出来事になります。

先ほどの飲酒の話は、ここを脱法的に解釈していると思います。
確かに操船者は飲んでない。
船長の酔いがさめて帰港すれば法的には逃れられるかもしれません
でも、飲酒している船長の指示下での操船は、どうかと思いました。

小型船舶操縦者の厳守事項

● 酒酔い等による操縦の禁止
 飲酒、薬物、病気、過労等の影響により、注意力や判断力等が著しく低下しているなど、正常な操縦ができないおそれがある状態で、小型船舶を操縦することを禁止しました。
● 有資格者による自己操縦
 次の場合は、原則として、免許受有者以外の操縦はできません。
・水上オートバイを操縦する場合(全ての水域)
・ボートについては、港則法の港内及び海上交通安全法の航路内を航行する場合
 なお、次の場合は自己操縦の対象外となります。
・帆走中のヨット
・漁船、旅客船、遊漁船、工事船等の事業用小型船舶
・試験機関の試験員、登録小型船舶教習所の実技教官が操船指揮する場合
・地方運輸局長等が小型船舶の航行の安全中支障がないと認めた場合
・免許受有者の負傷、その他やむを得ない理由がある場合
● 危険操縦の禁止
 遊泳者等の付近において、小型船舶を疾走し、急回転し、又は縫航する操縦などを危険操縦として禁止しました。
● 救命胴衣等の着用
 船外への転落に備えた措置として、次のような場合に、救命胴衣等の着用が義務付けられました。
・航行中の水上オートバイに乗船している場合
・12歳未満の子供が航行中の小型船舶に乗船している場合
・航行中の小型漁船に一人で乗船して漁ろうに従事している場合
 加えて、次の場合は、救命胴衣等の着用に努めることが求められます。(努力義務)
・小型船舶の暴露甲板(オープンデッキ)に乗船している場合
 なお、次のような場合には、着用義務の適用除外となります。
・救命胴衣等の着用が療養上又は健康保持上適当でない場合
・救命胴衣等の適切な着用ができない場合
・命綱又は安全ベルトを着用するなど適当な措置がなされている場合
・旅客船(海上運送法による安全管理規程に従い運航する船舶)に乗船している場合
・船室内に乗船している場合
● 発航前検査の実施
 航行の安全に支障を来たさないよう、発航前検査の実施が義務付けられました。
● 見張りの実施
 航行の安全を確保するため、適切な見張りの実施が義務付けられました。
● 事故時の対応
 操縦する小型船舶が衝突したとき、又はその小型船舶に急迫した危険があるときは、人命の救助のために必要な手段を尽くすことが義務付けられました。

最後に

学校に行かずに独学で勉強したので法的な事を知らない事が多いです

今日、これから出撃します。
明日は、いい天気で釣りがしたいです。
やはり、今月の私は、雨男のようです。今日のゴルフも一時的ですが雨が降ってました。(笑)

ブログランキング
ランキング参加中
ポッチリと応援よろしくお願いします。
   
スポンサーリンク
レクタングル(大) 336 x 280




レクタングル(大) 336 x 280




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. HIDE より:

    ブログ村のボート釣りから来ました。オートイカリ製作記のウエマツと言います。トレーラブルもアチコチに行けて良いですが、片付けが面倒では無いですか?
    少し遠いですが、若狭湾の小浜に格安の陸置きの駐艇場が有ります。ここなら、今のランニングコストより少し安くなるかもしれません。
    別にそこの回し者でもアンカーウインチが売りたい訳でもありません。同じ50代として思った事をコメントしてみました。

    • SAMURAI より:

      オートイカリ製作記のウエマツ様

      陸置き駐艇場の情報をありがとうございます。
      実は、ボートの買い替えを検討中です。

      今のボートは、風の強い日に全身ずぶ濡れになります。
      濡れないキャビン付きへとバージョンアップを模索中です。

      あとは、難攻不落の我が家の大蔵省と交戦中です。
      返り打ちにあった際にはお願いします。

      • 匿名 より:

        土日しか遊べない人は仕方ないですね・・・

        でも、天気の良い日を選んで乗れる人は、風の強い日にまで乗ろうと思わない
        のですよ。そして、私の様に大きい魚が釣れないと言う壁に阻まれると辞めたり、
        遊魚に脱サラしたりしますね・・・

        このボート釣りは、世間一般の人にはお金持ちの道楽と思われてる方がほとんど
        ですが、実際は、サラリーマンが多いのは・・・

        大きくすると、キャビンが付いてると楽ですが、小回りが利かないので、ルアーを
        使う人は、小場所を狙う時はつらいです。
        餌釣りメインの人は良くなるかもしれませんね。

        • SAMURAI より:

          コメントありがとうございます。
          そうですね。天気のいい日を選べると最高ですね。

          私は、釣りを始めて2年。
          今のボートに乗って1年ですが、大きな魚はなかなか釣れません。

          SAMURAIも、ボートイコールお金持ちとの考えでした。
          NEO450の新艇を買えば高いですね。
          私のように中古艇を購入するとピンキリです。

          トレーラブルボートだと維持費は軽自動車より安いです。(余分に1台。それが贅沢ですね・・笑)
          私の様に港から遠くのポイントまで船を走らせなければ経費も安く済みます。
          1時間先のポイントまで15~20リッター位
          2時間先のポイントまで20~30リッター位

          あまり考えてませんでしたが、確かに大きくすると小回りが利かないですね。
          ポイントや釣り方を知らないこともあり、朝日礁で鯛ラバ・ドテラ流しです。
          船を変えても多分同じですね(笑)