アドセンス狩り 対策

ブログランキング
ランキング参加中
ポッチリと応援よろしくお願いします。
   

はじめに

訪問ありがとうございます。

「アドセンス狩り 対策」について調べた内容をまとめてみました。

この記事が、アドセンス狩り被害にあわないための参考にしていただければと思います。
また、この記事を読みアドセンスでの副収入に興味を示された方の参考になれば幸いです。

アドセンス狩りとは


「アドセンス狩り」とは、他人からの嫌がらせによってアドセンスのアカウントが、使用停止となる重大な被害です。当然、広告の配信が停止され収入も無くなります。

「アドセンス狩り」には、具体的に2つ種類があります。

広告のクリック連打

グーグルは、広告主から広告がクリックされた回数を広告料として請求することになります。
興味も無いのに広告クリックを連発されると無駄なお金を広告主が支払うことになります。

グーグルとしてそのような行為を排除する必要があります。

広告クリックの連打をおこなった犯人が、サイト運営者で無くても、同一IPから、何回もクリックしているため自己や依頼クリックと判断されるという訳です。

広告クリックの連打が発生したサイト = アドセンスアカウント停止

被害者なのにグーグルからサイト運営者に対してペナルティとしてアカウント停止処分が下されます。

広告の転載

広告の転載とは、自分の広告コードをアドセンス規約( プログラムポリシー禁止コンテンツ )の違反サイトに貼り付けられる行為です。

アドセンスの広告コードを不正に取得し、取得したコードをアドセンス規約に違反するサイトなどへを貼り付ける行為です。

規約違反サイトへの広告の掲載(転載) ⇒ アドセンスアカウント停止 = 広告配信停止

被害者なのにグーグルからサイト運営者に対してペナルティとしてアカウント停止処分が下されます。管理者責任ということでしょうかね?。

「アドセンス広告コードが、どうして判るの?」と突っ込まれそうですね。
アドセンス広告コードは、簡単に調べることが出来るんです。

アドセンス広告が表示されているページで「右クリック」⇒「ソースを表示」でソースコードが表示されます。
そこにアドセンス広告コードが表示されてます。

※ 悪戯しないで下さいね。

対策・対応

【広告クリック連打】
実は、広告クリックの連打を事前に防ぐ方法がないのです。

何もしないわけでは無いです。
広告クリックを連打された後の対応です。

広告クリックを連打されたら、一刻も早く自分は潔白である事を自身で書面を書いて証明する必要があります。書類を書いて提出することでアドセンスアカウントが停止される事を回避するのです。

平均のクリック率は、1.0%位と云われており、クリック率が2%を超えた時は注意して下さい。

広告を連打された時の報告は、下記のリンク先で Google へ報告します。

無効なクリックの連絡フォーム


【広告転載の対策】
広告を配信するサイトを登録する事で防げます。

まず、Googleアドセンスのサイトにアクセスして管理画面にログインして下さい。

①左のメニューから『設定』を選択
②タブが展開されるので『自分のサイト』を選択
③サマリー画面が表示されます。
 画面右上の縦に3点が並んでいる『…』を選択
④『サイトの認証』を選択
⑤“確認済みサイトのみ自分の広告コードの使用が許可されています”と表示されます。
 ”所有権を確認したサイトだけ広告コードの使用を許可する” スライドして有効にする。
⑥「保存」を選択して終了

まとめ

自己防衛をして対策をしましょう。

グーグルは、アドセンス狩り対策や犯人を探して処罰を与えることはしません。
しかし、被害を受けた貴方にアカウント停止などの重い処分を下します。

もし被害を受けてアカウント停止になった場合は、下記のサイト記事を参考にして下さい。

iscle [イズクル]

どやブログ

しゅふたす

ブログランキング
ランキング参加中
ポッチリと応援よろしくお願いします。
   
スポンサーリンク
レクタングル(大) 336 x 280




レクタングル(大) 336 x 280




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする