サイトマップをプラグインで自動作成

ブログランキング
ランキング参加中
ポッチリと応援よろしくお願いします。
   

初めに

サイトマップを作るには自分で手入力して作る方法とプラグインを使った方法があります。
ここではプラグインを使った方法を説明します。
プラグインを使った自動作成では、 サイトマップ一覧 が自動作成されます。

使用プラグイン


目次を自動作成するプラグインは、色々とあると思います。

その中で私が選んで使用しているのは PS Auto Sitemap です。

このプラグインについては、ネットをググれば情報がありふれてます。
インストールの方法や使い方まで数多くのサイトで公開されています。
その他にもカスタマイズなどについての情報も多くあります。

実際に使ってみると簡単でしたのでお勧めします。

PS Auto Sitemap とは

PS Auto Sitemap は、自動作成でサイトマップを出力してくれるプラグインです。

このサイトも PS Auto Sitemap のプラグインを使って自動作成しています。 ⇒ サイト一覧

初心者でも簡単に使用できるプラグインです。

機能

•特定のホームの表示 / 非表示。
•特定のカテゴリーと投稿を表示/非表示にします。
•ページの表示/非表示。
•リストの深さの上限。
•ページ一覧と投稿一覧の表示順序を設定します。
•カテゴリーと投稿の統合/分割
•リストからカテゴリーを設定する。
•リストから除外する投稿と固定ページを設定する。
•12種の既定デザイン、またはスタイルなし。
 オプションの中からサイトマップの表示スタイルを選択。
•サイトマップの内容をキャッシュするかどうか。

PS Auto Sitemap を使うメリット

記事がわかりやすい
 記事が一覧表示されていると目的の記事が簡単に探すことが出来る
自動追加
 新しく記事を公開しても自動でサイトマップに追加してくれる

インストール

WordPress の管理画面で「プラグイン」⇒「新規追加」を選びます。

①画面右上のフォームに PS Auto Sitemap と入力して検索します。
②PS Auto Sitemap が表示されたら「今すぐインストール」をクリックします。


WordPress の管理画面で「プラグイン」⇒「インストール済みプラグイン」から PS Auto Sitemap の「有効化」をクリックしてインストール完成です。

設定

WordPress の管理画面で「設定」⇒「 PS Auto Sitemap 」をクリックします。

下の方に記載されている「ご利用方法」の②に記載されている
<!– SITEMAP CONTENT REPLACE POINT –> をコピーして下さい。

サイトマップ表示ページ作成

WordPress の管理画面で「固定ページ」⇒「新規追加」をクリックします。
新規固定ページにタイトルを入力します。
先程コピーしたタグ <!– SITEMAP CONTENT REPLACE POINT –> をペーストします。
パーマリンクに記載されているURLの後半に記載されている pege- の後に記載されている数字を書き留めます。私の場合は 1010 です。

WordPress の管理画面で「設定」⇒「 PS Auto Sitemap 」の設定に戻ります。

設定ページのサイトマップを表示する記事の空欄に先ほど控えた番号を入力します。私の場合は 1010 と入力します。

「変更を保存」をクリックします。

サイトマップを表示する

再度先ほど作った固定ページにアクセスするとサイトマップが表示されます

ブログランキング
ランキング参加中
ポッチリと応援よろしくお願いします。
   
スポンサーリンク
レクタングル(大) 336 x 280




レクタングル(大) 336 x 280




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする