目次作成 プラグインで自動作成

ブログランキング
ランキング参加中
ポッチリと応援よろしくお願いします。
   

初めに

目次を作るには自分で手入力して作る方法とプラグインを使った方法があります。
ここではプラグインを使った方法を説明します。
プラグインを使った自動作成では、下記のような目次が自動作成されます。

使用プラグイン


目次を自動作成するプラグインは、色々とあると思います。

その中で私が選んで使用しているのは Table of Contents Plus です。
このプラグインを選んだ理由は、ググると情報がありふれている事です。
インストールの方法や使い方まで数多くのサイトで公開されています。
その他にもカスタマイズなどについての情報も多くあります。

実際に使ってみると簡単でしたのでお勧めします。

Table of Contents Plus とは

Table of Contents Plus は、記事の見出しから自動で目次を作成するプラグインです。

この記事も Table of Contents Plus のプラグインを使って自動作成しています。
記事の見出しと目次名が一致している事が確認出来ると思います。

このプラグインを使うには、見出しタグ h1~h6 を使って記事を書く必要があります。
欲張って見出しを多く使用すると逆に目次が見辛くなる事になります。
何事も程々が良いかと思います。
当たり前ですが、見出しを使ってないと目次は表示されません。

初心者でも簡単に使用できるプラグインです。

インストール

WordPress の管理画面で「プラグイン」⇒「新規追加」を選びます。

①画面右上のフォームに Table of Contenst Plus と入力して検索します。
②Table of Contenst Plus が表示されたら「今すぐインストール」をクリックします。


WordPress の管理画面で「プラグイン」⇒「インストール済みプラグイン」から Table of Contenst Plus の「有効化」をクリックしてインストール完成です。

設定

WordPress の管理画面で「プラグイン」⇒「インストール済みプラグイン」から Table of Contenst Plus の「設定」をクリックします。

基本設定

初期設定でも問題なく動作します。

【私の変更した場所】
①「表示条件」を「2」に設定しました。見出しが2つ以上あると目次が作成されます。
②「以下のコンテンツタイプを自動挿入」の「post」にチェック。記事に目次を表示します。
③「見出しテキスト」の「目次の上にタイトルを表示」にチェックして「目次」と入力。
④「ユーザーによる目次の表示・非表示を切り替えを許可」にチェック
 「テキスト表示」に「表示」と入力。
 「テキスト非表示」に「非表示」と入力。

上級者向け設定

下部にある「上級者向け」設定は、初期状態は非表示になっています。
クリックすると設定項目が表示されます。

「上級者向け」設定を開くと細かい設定ができます。
変更する必要は無いと思います。
表示させたくない見出しがある場合は「見出しレベル」のチェックで設定して下さい。

基本設定公開

このサイトの Table of Contents Plus 基本設定を公開します。
実際に表示される目次の内容を確認しながら設定をしてください。

表示方法

目次を表示させたい場所に [toc]と記載して下さい。
目次を表示させたくない記事には [no_toc]と記載して下さい。

※ 入力位置は、どこでもかまいません

ブログランキング
ランキング参加中
ポッチリと応援よろしくお願いします。
   
スポンサーリンク
レクタングル(大) 336 x 280




レクタングル(大) 336 x 280




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする